四條畷の箱家  2014

 

1/1

四條畷市に建つ家族4人のためのすまいです。古くからの住宅地で周辺を住宅や団地にかこまれ特に南側には隣家が迫っている敷地で、縁側と開放的な庭が欲しいとのクライアントのご要望を実現するためにはやや難しい環境でした。そこで、限定的な範囲であるものの眺望が期待できる2階にリビングを設置し、周辺からの目線を避けた開放的な縁側的外部空間(「広縁」と呼んでいます)も併せて2階に設けることとしました。これにより2階は広縁を中心にほぼワンルームのLDK空間となり、広縁からのさんさんと降り注ぐ日光と切り取られた空、そして西側に大阪平野を見渡すことができる開放的な空間となりました。

外観は窓がほとんどない「箱」のような家ですが、一端内部に入ると外観からは想像もつかないほど明るく、クライアントと一緒に作り上げた様々な仕掛けがちりばめられている、とても楽しいすまいです。

 

構造・規模: 木造、2階建て
設計:向阪一郎

構造:森本建築設計 森本晃生

施工:IFA住宅設計室

撮影:冨田英次

    株式会社プラスアトリエ一級建築士事務所

    大阪府堺市堺区南三国ヶ丘町3-4-13-102

    TEL/FAX:072-267-4131

    • Facebook
    • Instagram

    Copyright(c) plus atelier All right reserved