若松台の家
2022

堺市のニュータウンにある広い区画に建つ住まいです。

ゆったりした区画に建てる住まいは意外と周辺環境との距離感が難しいことと、

敷地が広いがゆえに効果的に土地を使い切ることも課題となりがちです。

今回も慎重に建物の置き方を検討し、プライバシーの確保された無駄のない住まいを目指しました。

中庭のある平屋です。

建物は中庭をはさんで大きくは南向きのLDKの棟と北向きの個室の棟で構成されており、

LDKからは向いの個室が、個室からはLDKがそれぞれ中庭を介して伺えるようになっています。

​中庭は周辺からの視線をカットしながら光を届ける役割がありますが、

それぞれの棟の屋根形状を周辺環境に合わせて微妙に操作することで家全体のプライバシーと採光を調整しています。

また建ぺい率を使い切った計画としており、建物は「これしかない!」というほどに追い込んだプランで計画されています。

暮らしのなかに中庭での外の活動が自然に溶け込む住まいができたと思います。

長くご家族に楽しんでいただけたら幸いです。

構造・規模: 木造平屋建て
設計:向阪一郎 / 柴村敏之 

構造:森本建築設計 森本晃生

施工:株式会社中村建設​​​

​​造園:竹本造園

撮影:冨田英次