総持寺の家

2017

やや変形した形状の土地に建つ家族4人のための住宅です。

周辺環境は比較的密集地のため、まずプライバシーを守るため2つの中庭を設けました。

これによりカーテンのいらない優しい明るさのある空間を作り出し、さらにリビングを吹抜け空間とすることで

平面・断面両方向に広がりを持たせました。

2階にはクライアントのご主人のご希望であった「空が見えるテラス」を設けています。

シックな色合いの空間に季節や時間で刻々と変わる光や影が映える家になりました。

構造・規模: 木造2階建
設計:向阪一郎 / 柴村敏之 

構造:森本建築設計 森本晃生

施工:阿佐建築工務株式会社

撮影:冨田英次