​稜線の家
2021

隣接する緑地を特に意識した2階建て住宅です。
今回は中庭型ではなく、緑地を積極的に望む立地のために借景を利用した2階リビングを採用しています。
この場合、単純に開口を緑地側に向けてしまいがちですが、そうすると緑地を散歩する人からの目線を避けるためのカーテンが必要になります。それではせっかくの緑地が望めません。
ということで今回はリビングと緑地の間に広めのバルコニーを設け、そのバルコニーの手摺壁の高さにより緑地と空だけを切り取り、人の目線をカットするという手法を用いています。

このバルコニーには深い軒もかかっており、半屋外のリビングの延長としても利用できるようになっています。
施主・設計・施工の関係者の皆さんの力が合わさった、まさに三位一体の家づくりでした。

この恵まれた環境と過ごす時間を楽しんでいただければと思います。

構造・規模: 木造2階建
設計:向阪一郎 / 柴村敏之 

構造:森本建築設計 森本晃生

施工:株式会社中村建設​​

​キッチン:神戸スタイル

​​造園:竹本造園

撮影:冨田英次