鳳の平屋

2019

堺市の比較的密集して建物が並ぶ地域に建つ住宅です。

敷地は2方道路で比較的恵まれた立地ですが、将来東側に建物が建つ可能性と2方道路の生活道路としての交通量の多さに配慮する必要を感じ、建物は「閉じる」選択をし平屋の大小2つの中庭のある住まいを提案しました。これにより駅近の喧騒から隔離された高いプライバシー性を確保しています。

 

​このお住まいの最大の特徴は「畳リビング」です。中庭の石畳の一部をリビングまで延長し、それに続くリビングの床に畳を選択、中庭とつながりのある畳空間を作りました。一般的には小上がりという一段床が上がったところに畳を用いることが普通ですが、今回は逆に床を下げて畳を敷いています。こうすることでより中庭との連続性を確保でき、プライバシーの守られた中庭の凛とした空気感を畳でごろんとしながら味わえるようと考えています。

もう一つ、この建物の大きな特徴としては全館空調です。過去の経験を活かしながら、今回も床下をチャンバーとした温風循環のシステムを組み込んでいます。これによりオールシーズン快適な、「エアコン感のない空調」を実現しています。

地元ならではのご縁で完成した住まいです。楽しいステイホーム時間を過ごせました、とのことで、感謝しかありません!

構造・規模: 木造1階建
設計:向阪一郎 / 柴村敏之 

構造:森本建築設計 森本晃生

施工:コアー建築工房​

​造園:竹本造園

撮影:冨田英次