NH(滝宮の家) 2014

 

1/1

壁に絵を飾れたり本が並べられたり掲示板があったりとギャラリー空間のある家です。室内物干し場など、現代の住まいに必要な機能も導入されています。

香川県の田園風景が広がる開放的な敷地に建つ平屋です。この建物には中庭的な空間があります。周辺の環境から一般的には中庭の必然性は少ない立地ではあります。が、南北方向の長方形の敷地形状とクライアントの「子供部屋が閉鎖的になりすぎず身近な場であってほしい」とのご要望を勘案し、中庭を挟んで家族の共有空間であるLDKと子供部屋を対面させることとしました。これにより各空間に一体感がありながら適度の距離感による落ち着きが生まれました。またそれぞれの空間に南面が確保されて十分な採光を得ることができました。

クライアントご夫婦の熱い想いが練りこまれた、中庭を中心としたのびやかで明るい機能的な住まいとなりました。


構造・規模: 木造、平屋建て
設計:向阪一郎
構造:森本建築設計 森本晃生  
施工:センコー産業
撮影:冨田英次

    株式会社プラスアトリエ一級建築士事務所

    大阪府堺市堺区南三国ヶ丘町3-4-13-102

    TEL/FAX:072-267-4131

    • Facebook
    • Instagram

    Copyright(c) plus atelier All right reserved