​百舌鳥の家
2020

堺市の比較的ゆったりとした住宅地に建つ2世帯住居です。広い敷地です。

その広さの恩恵を得られるように、不必要にカーテンで視界を遮ぎらない、広がりを存分に感じられる空間を作りたいと考えました。
外観はややストイックな表情ですが格子越しに中庭がうっすら見えるアプローチを経て玄関扉を開けると、四季の植栽が彩るポーチ・中庭空間が迎え入れてくれます。
この玄関を皮切りに、複数の大小・明暗の中庭が各空間においてプライバシーを保ちながらも常に緑や空が見えることを意識したプランニングとしています。
もちろんその中で動線の効率化や使いやすさも重視しており、合わせて高い断熱性能も確保しています。
完成までにじっくりと設計の検討を重ね、工事も地元の丁寧な職人さん達に手をかけて頂き、多くの時間をいただきましたが、穏やかな時間が流れる居心地の良い家になったと思います。

構造・規模: 木造2階建
設計:向阪一郎 / 柴村敏之 

構造:森本建築設計 森本晃生

施工:株式会社中村建設​​

​​造園:竹本造園

撮影:冨田英次