南三国ヶ丘の家  2017

 

1/1

狭小・密集地に建つ木造3階建の住宅です。

南側に公園の緑を望む敷地です。この貴重な緑だけをどう取り込み、密集した敷地環境を感じさせない快適な空間作りができるか、がテーマでした。

この建物も縦3層の中庭を設けています。2階のリビングは公園の緑だけを切り取るように入念に開口部の設定を行いながら、北向きの中庭の安定した採光と空といった要素を織り交ぜ、視界のヌケと縦の空間を連続させることで、約2間という間口を感じさせない開放感を得ました。その中で特に今回はダイニングキッチンが特徴的です。キッチンはいわゆる「壁向き」キッチン。ダイニングテーブルとの最短の距離感、効率よい作業動線・面積効率がメリットですがオープンすぎる配置や作業時に家族に背中を向けること、などのデメリットで近年めっきり採用の少ない形式。今回は建具や造作ダイニングテーブルとセットで考えることで、デメリットの解消とメリットの最大化を図っています。

性能的には省エネ等級4(旧)、耐震等級2相当のすまい。窓から見える公園や中庭の緑、空を思わずのんびり眺めてしまう、素敵なダイニングキッチンのある住まいになりました。

構造・規模: 木造3階建
設計:向阪一郎 / 柴村敏之 / 梶本大輔

構造:森本建築設計 森本晃生

キッチン:ユーロモービル 尾藤朋子

​造園:竹本造園

施工:株式会社創建

撮影:冨田英次

    株式会社プラスアトリエ一級建築士事務所

    大阪府堺市堺区南三国ヶ丘町3-4-13-102

    TEL/FAX:072-267-4131

    • Facebook
    • Instagram

    Copyright(c) plus atelier All right reserved