樟葉の家

2016

大阪北部の街、樟葉の住宅街に建つ家。

周辺に住宅の密集した立地の中で、快適で安心できる家、木の風合いのあるシンプルな家が求められました。

南側隣地の住宅が隣地境界までせまる状況のため、中庭を設けることで明るさとプライバシーを確保した平面計画とし、

北側接道敷地の特徴である高さ制限のゆとりを最大限に生かした断面計画としました。

内部は無垢の床材と造作の木の扉が醸し出す木の雰囲気を大切に、白だけでない優しい空間づくりを目指しています。

そして性能的にはいつものように省エネ等級4、耐震等級2のすまいです。

今回の計画では特に意匠と機能と性能、そしてコストのバランスの最適化に力を入れて取り組みました。

無駄なものをそぎ落とし、必要なものを見極め、抽出することで、とてもコストパフォーマンスの良い住まいになったと

思います。

構造・規模: 木造2階建て
設計:向阪一郎 / 柴村敏之 / 梶本大輔

構造:森本建築設計 森本晃生

​造園:竹本造園

施工:株式会社創建

撮影:冨田英次

    株式会社プラスアトリエ一級建築士事務所

    大阪府堺市堺区南三国ヶ丘町3-4-13-102

    TEL/FAX:072-267-4131

    • Facebook
    • Instagram

    Copyright(c) plus atelier All right reserved