深江橋の家  2016

 

1/1

大阪市内の密集地に建つ木造3階建の住宅です。

若いご夫婦と親御さんがご同居されるための計画です。大阪市内特有の密集した厳しい敷地環境の中ですので、「空」以外の周辺環境に頼らないなるべく自立した空間を成立させたく、縦3層の中庭空間を建物に貫通させ、都会でも居心地の良い空間の構築を目指しました。

縦3層の中庭は決して平面的にはゆとりのある大きさの中庭ではないと思います。しかし、限られた敷地制限の中で最大限の効果を得るべくプランニングを入念に検討し、中庭で拡散する柔らかい光がよく映えるモノトーンの空間を作りました。ここにご夫婦の選ばれた家具やグリーンが彩りを加えています。そして、ご夫婦のお父様の多彩な趣味の「一品」たちが空間に良いアクセントをもたらしています。特に和室の床には歴史の刻まれた某舞台の銘木の床を再利用しており、異彩を放っております。

いつもの通り、性能的には省エネ等級4(旧)、耐震等級2相当のすまいです。また、このモノトーンの空間には特注のソリッドなキッチンがとてもよくマッチしています。家全体に「掃除しやすく」「掃除したくなる」という実用性も考慮しています。

ここが大阪市内のど真ん中であることを忘れられるような、物静かで陰影の印象的な住まいとなりました。雨や夜が特に似合う、そんな気がします。

構造・規模: 木造3階建
設計:向阪一郎 / 柴村敏之 / 梶本大輔

構造:森本建築設計 森本晃生

キッチン:ユーロモービル 尾藤朋子

​造園:竹本造園

施工:株式会社創建

撮影:冨田英次

    株式会社プラスアトリエ一級建築士事務所

    大阪府堺市堺区南三国ヶ丘町3-4-13-102

    TEL/FAX:072-267-4131

    • Facebook
    • Instagram

    Copyright(c) plus atelier All right reserved