田園の家  2014

 

1/1

鈴鹿山脈を見渡す田園に建つ家族4人のためのすまいです。約2年前に敷地探しからスタートしました。この敷地を初めて見たとき、変形地かつ南や東側には隣家が迫る一般的には不利な状況ではあるものの、北側にこの田園と鈴鹿山脈を見渡すことができることにとても魅力を感じ、2階リビング、南側ハイサイド・北側大開口といったプランを提案し、それが実現しました。周辺の視線を気にせず、目の前の自然を取り入れた空間は明るく落ち着きを感じさせてくれます。

シックな色使いで仕上げました。外構もなるべく自然な風合いとなるように計画しています。また当初からのクライアントの強いご希望であった「古民家風」の雰囲気を取り入れ、自然素材を

新しいけどどこか懐かしいような、そして毎日の生活でふっと季節を感じることができるような、そんなすまいとなりました。

 

構造・規模: 木造、2階建て
設計:向阪一郎

構造:森本建築設計 森本晃生

キッチン:近藤家具

施工:上村工建
撮影:冨田英次

    株式会社プラスアトリエ一級建築士事務所

    大阪府堺市堺区南三国ヶ丘町3-4-13-102

    TEL/FAX:072-267-4131

    • Facebook
    • Instagram

    Copyright(c) plus atelier All right reserved