福田の家  2017

 

1/1

地元堺の密集地に建つ、ご夫婦お二人のための住宅の建替えです。狭隘な前面道路、厳しい高さ・面積の制限と防火規制、近距離からの視線など様々な要因の中、明るく静かで落ち着いた室内環境を作り出したいと考え計画をしました。外観は寡黙で閉じた印象ですが内部は中庭と吹抜けからの光をなるべく建物の奥まで届けるようにプランニングしています。外部にはデザイン・メンテナンス性を考慮し当アトリエ初のガルバリウム鋼板の外壁を採用し、内部にもめずらしい内部用サイディングを採用、またヒートポンプ式の床暖房の採用など、新たな素材・技術を用いています。密集地において中庭型住宅はやはり有効だなと感じる住まいとなりました。

構造・規模: 木造2階建
設計:向阪一郎 / 柴村敏之 

構造:森本建築設計 森本晃生

施工:株式会社萬勝

撮影:冨田英次

    株式会社プラスアトリエ一級建築士事務所

    大阪府堺市堺区南三国ヶ丘町3-4-13-102

    TEL/FAX:072-267-4131

    • Facebook
    • Instagram

    Copyright(c) plus atelier All right reserved