1/1

南青葉台の家  2014

 

河内長野市の造成地に建つ陶芸用のアトリエを併設した若い4人家族の住まいの建替えです。周辺は山あいに近い、豊富な緑を望める東側接道の住宅地です。この一帯は南側に行くほど敷地レベルが高くなる北ひな壇形式の造成地のため、1階レベルでは十分な採光が期待できない状況でした。そこで今回の計画では、開放性と緑の景観が期待できる東側に大きく開いた計画とし、南側の光は北傾斜屋根のトップライトから頂戴し、また北ひな壇の特徴を逆手にとり、リビングから北側の空だけが綺麗に切り取られたハイサイド窓を設けることで、明るく開放的で周辺環境と整合した建物としました。

そしてこの住まいにはクライアントのご要望である半屋外の「軒下空間」があり、内部空間と庭空間を繋いでいます。内外一体となったこの空間でお子さんが元気に駆け抜けていく姿がとても健康的で印象的な住まいになりました。

 

構造・規模: 木造、2階建て
設計:向阪一郎
構造:森本建築設計  
施工:中商
撮影:冨田英次

    株式会社プラスアトリエ一級建築士事務所

    大阪府堺市堺区南三国ヶ丘町3-4-13-102

    TEL/FAX:072-267-4131

    • Facebook
    • Instagram

    Copyright(c) plus atelier All right reserved